杉本成美 プロフィール


杉本成美・プロフィール
c0118195_1263230.jpg杉本 成美 Narumi Sugimoto(Piano)
高知県出身。5歳よりピアノをはじめる。土佐塾中学・高等学校卒業。武蔵野音楽大学を経て2006年同大学院修了。
2009年オーストリア国立ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学大学院ピアノ演奏科(マギスター課程)を満場一致の最優秀にて卒業する。
ヤマハPTCコンサートにて金賞、大阪ザ・シンフォニーホールにおける推薦演奏会出演。第11回ユーテルピ国際音楽コンクール ピアノ部門(伊)第1位、第3回プレミオ・ユーテルピ国際ピアノコンクール(伊)第3位・マトリーチェ教会におけるファイナルコンサートに出演、第7回パドヴァ国際音楽コンクール ピアノ部門(伊)第4位、第33回高知音楽コンクール優良賞 ほか受賞。
ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と共演。2010年高知にて初リサイタルを開催。
モーツァルテウム:バーンスタイン祭では、地元紙にて、“最高のパトーナーシップで様式感のある演奏をするアンサンブル”と評される。よんでん文化振興財団主催:第13回ふるさとコンサート、秋篠音楽堂:シューマンピアノコンサート等に出演。ライラホール:ショパン生誕200年「ショパンのしらべとお話し ~龍馬の誕生した1835年~(オールショパンプログラム)」・リスト生誕200年「ピアニスト杉本成美からの贈り物~リストの誕生日によせて~(オールリストプログラム)」・ドビュッシー生誕150年「フルートとピアノによるドビュッシーの世界(オールドビュッシープログラム)」、プ―ランク没後50年「フルートとピアノによるフランス音楽の香り」、スタインウェイサロンコンサート等を開催。2012年、2014年には、新進チェリスト遠藤真理と「名曲コンサート」を開催、好評を得る。
2011年度より、高知県立美術館ホール主催:アウトリーチ事業(出前クラシック)アーティストとして活動している。
よんでん文化振興財団およびモーツァルテウムより奨学金を受ける。修士論文は、「シューマンのピアノ作品に関する一考察‐フォルテピアノとの関わりを中心として‐」および「Schumann: Fantasie Op.17」。
これまでにピアノを西村明子、飯暢子、前田博子、古川五巳、宮津邦彦、伊東京子、平賀寿子、ブリギッテ・エンゲルハルト、武蔵野音楽大学客員教授イェネ・ヤンドー、アルフォンス・コンタルスキー、マスタークラス等にてペーター・エフラー、イョルク・デームス、ドミニク・メルレの各氏に師事。ピアノ伴奏法をヤン・ホラーク、室内楽をクレメンス・ドル、ゲルダ・グッテンベルク、フォルフガンク・レディックの各氏に師事。
ソロ・室内楽・伴奏等幅広く活動している。
全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)2017年度新人指導者賞。
中学校及び高等学校教諭専修免許状(音楽)取得。


音楽企画 Klavier♪  
演奏依頼受け付けております。
ソロの出演のほか 他楽器とのアンサンブル適宜、可能です。

ご連絡:当ブログのメールフォームよりお願いいたします



[PR]
by narumi-0530 | 2009-03-01 00:00 | 演奏会 | Comments(0)