人気ブログランキング |

来週水曜日に向けて

秋冬に向けて、演奏と生徒さんの本番の季節がやってきています。

今は、来週水曜日のコンサートのために、フォーレの作品に集中的に取り組んでいます。

c0118195_01120845.jpg


先日、東京へ合わせに行ってきました。

泉真由ちゃんとのコンサートは、2年ぶり3回目で、その度に、一つの作曲家に焦点をあてて、その周りの小品とソナタに取り組んでいます。その両方に取り組むと、見えてくるものがあります。

作曲家それぞれの音色づくりの傾向、そしてそれに向けての表現方法、テクニックなど。

演奏する、フォーレのヴァイオリンソナタ(フルート版)は、
ピアノの分散和音、半音階進行、旋法、こういうのはすぐみてわかりますが、演奏には、それらから溢れる音色からイメージを持つことが必要。。

温和な空気、熱を帯びたかと思うと完全終止をし、しかしまた始まるメロディー。音色に温度があります。

とても人間的なんですが、教会の中というか、音に包み込まれるような快さがある。

鼓動なんですが、強くはない、絹のような。
音の線が見えて、それに直接触れそうな感覚。

など、色々な作品の瞬間の音を言葉にするのは難しいですね。

真由ちゃんとは、合わせの中で話していると、音から浮かぶフランスの風景が一致していたり、と、さすがデュオコンサートが3回目だけあるかなあ、と。

c0118195_10023323.jpg

高知新聞 9/9夕刊

シルバウィーク最終日の9/23水 です。

ご都合よろしい方はどうぞお越しくださいませ!


by narumi-0530 | 2015-09-19 01:05 | 演奏会 | Comments(0)