美術館 DC,NY/アメリカ


c0118195_14551285.jpg

ワシントンDCにて、
まずは、The Phillips Collection フィリップスコレクション。

邸宅型の美術館♡
ルノワールの代表作〝舟遊びの昼食〟。ゆったり観られます。
並んでみると割と大きい作品だとわかります。

フランス絵画とアメリカ絵画が多かったです。

小学生くらいの子達が数人ずつのグループで来ていて可愛かったです。
何か書いたり描いたりしたり、先生の質問にも答えたり。
過去に評価されたものを直接観て感じつつ、自分の意見も述べる、って素晴らしい学びの時間ですよね!

c0118195_14551395.jpg

National Gallery of Art ワシントン ナショナル ギャラリー
は、2日行き、館の方に「昨日も来てた?顔覚えてるよ!」と言われました 笑。
日本に特別展が来たときに観ていて、観た作品を覚えているものもあって感激。

c0118195_14551388.jpg

c0118195_14551317.jpg

ニューヨーク、
The Museum of Modern Art (MoMA) ニューヨーク近代美術館
は、主に5階の絵画を。

モネの睡蓮は何作もありますが、そのうち大きい作品が、2枚対峙して展示されていました。

ゴッホが亡くなる直前の年1899年.1890年の作品が今回良く出会った気がするのですが、そのうちの一つ〝星月夜〟はとても人気で、順番を探りつつ近付いてみたり。

c0118195_14551482.jpg

Metropolitan Museum of Art メトロポリタン美術館
1日がかりでいて、ガイドツアーも参加してみましたが、とにかく広く、全ては観きれませんでした。

楽器もいくつかありまして、ヴァイオリン Amati発見!どんな音がするのでしょう。

c0118195_14551431.jpg

こちら、ゴッホの〝ローズ〟。

上がDCのナショナルギャラリーで、下がNYのメトポリ。

同じ国に同じ題名の作品があったら、一緒に展示する機会ないのかな、と思いましたら、
2015年メトポリで「アイリスとローズ」という名で企画展があったそうです。
サイトはこちらです。

実際、観てみると色褪せていて、ローズがかなり白く見えるのですが、ゴッホ、白で描くの?と思って帰ってきたのですが、
サイトの中の動画に、答えが!

デジタルで、本来の色が復元されていて、本来は、ピンクとグリーンという補色で主に描かれていたのがわかります。

c0118195_14551528.jpg

こちらマティスの作品です。
あら、どこかで観た絵だよね?、と思ったら、マティスが自分の絵画作品を置いた風景を描いていました。

上がMoMAで観た〝ダンス〟(写真上)。
メトポリでは作品の中に描かれていました。(写真下)

今回の美術鑑賞、色々と面白いリンクがありました。

c0118195_14551588.jpg

最後に、Frick Collection フリック コレクション
贅沢にもコレクションを魅せるため邸宅の内装を考えたとか。

c0118195_15553625.jpg

フェルメール全点踏破の旅 朽木ゆり子著 集英社 より

数少ないフェルメール作品のうち、このアメリカの旅で、ワシントンとニューヨークのものが観られました。


観た作品を忘れないように画集購入。

画集だと、観た感じと色彩が違ったり、受け取られるものが限られるけれど、音楽のCDのように繰り返すことはできますよね。
でもやはり芸術は、音楽も美術も生で観るのが一番。。その方が色々感じ取られる、、。

美術は展覧するときはもう完成されているけれど、音楽は、その場で、楽器とホールの響きで創造されるという違いはあるけど☆
美術を飾るための空間、邸宅を作ったり、と贅沢なこともあるかな。

この旅で、また色々知りたくなりました^ ^






[PR]
by narumi-0530 | 2016-10-27 13:54 | 旅行 | Comments(0)